日本のウユニ塩湖「父母ヶ浜」に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒屋トラベルです。

 

先日、日本の“ウユニ塩湖”と呼ばれる

香川県三豊市の「父母ヶ浜海水浴場」に行ってきました。

「父母ヶ浜海水浴場」は香川県の西部の三豊市にあり、

南米ボリビアにある天空の鏡とも呼ばれる「ウユニ塩湖」のような写真が撮れるため

インスタグラムやフェイスブックなどのSNSで話題の絶景スポットとなっており、

テレビの旅番組のロケで出たこともあります。

砂浜にできる潮だまり(水たまり)に空が鏡のように映り、

夕暮れ時には夕陽が反映した絶景が望めます。

また、ここの海岸の夕陽自体も「日本の夕陽百選」にも選ばれた事があります。

 

【交通アクセス】

今回は岡山駅からJRを乗り継いで行ってきました。

岡山駅前に「桃太郎」像がありますが、卒業式を迎える岡山の中学生のみなさん。

登らないようにしましょう。(特攻服だと補導されますよ)

 

岡山からは高松行の快速マリンライナーで瀬戸大橋を渡って坂出駅まで行き、

坂出駅で普通列車に乗り換えて最寄りの「詫間駅」で降ります。

岡山駅から乗換の時間も含めて、早ければ1時間半ぐらいです。

 

上の二人(要潤さん、馬渕英俚可さん)が三豊市出身で、「三豊ふるさと大使」みたいです。

 

詫間駅からのアクセスはコミュニティバス(日祝運休)がありますが、

本数が少ないので注意が必要です。

タクシーだと約15分ほど(2,500円前後)で行けますので、

コミュニティバスの時間が合わなければタクシーがおススメです。

また、琴平バスが運行しているツアーバスで、琴平を出発し詫間駅を経由する往復バスもあります。

アクセスの詳細は以下にてご確認ください。

三豊市観光交流局のホームページ

うどん県旅ネット「父母ヶ浜直行シャトルバス<琴平・JR詫間駅>」

 

【父母ヶ浜】

 

絶景フォトの撮り方にもありますが、

カメラは低く構えて、水面(地面)ぎりぎりで撮るのがおススメです。

 

 

この絶景が望めるのは夕暮れ時で、いつでも見れるのではなく、

以下の3つの条件が揃った時+天気が晴れの時のみとなります。

・干潮と日の入り時刻の重なる時

・風がなく水面が波立たない時

・日の入り前後約30分間のマジックアワー

 

なお、地元の三豊市観光交流局に確認したところ、

遠浅の海のため干潮時間の前後2時間ぐらいと日の入り時間が重なれば絶景は見えるとのことです。

 

絶景が見れる3つの条件が揃うのは1か月に約10日ほどですが、

かつ、天気がいい日でないと見ることはできません。

三豊市観光交流局のホームページではアクセス方法のほか、

絶景の見ごろ予想・写真の撮り方を確認できます。

是非こちらをチェックして、また、天気予報も加味してから出かけてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、桜の時期には同じく三豊市の桜の名所「紫雲出山(しうでやま)」があります。

山頂の展望台からは小豆島も望め、瀬戸内海の島々とともに桜を眺めることができます。

『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編』にも掲載されている桜の名所です。

 

========================================================

大黒屋トラベルでは、ANA・JALなどの変更不可航空券は10月26日(土)搭乗分まで販売中です。

また、ANAの変更可能航空券は、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み期間の予約を受付中です。

特にゴールデンウィークは最大10連休とあって、大変な混雑が予想されます。

お早めにご予約を!!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    コメントを残す

    *