国内航空券を買うなら増税前がお得です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

国内格安航空券販売の大黒屋トラベルです。

 

9月も半分を過ぎ、10月1日の消費税増税が間近に迫ってきましたね。

大黒屋トラベルで販売しております国内航空券についても、

増税前に購入しておいたほうがお得となりますので、

今回はそれについてご案内をさせて頂きます。

「旅客運賃等の税率等に関する経過措置」について

国内航空券の他、電車の定期代や映画館のチケット、美術館などの入場券には

消費税法に基づく「旅客運賃等の税率等に関する経過措置」が適用されます。

これは、実際の利用が消費税増税後の2019年10月1日以降でも、

9月30日までに購入をすれば旧税率8%が適用されるというルールです。

 

国内航空券の場合、実際の搭乗日が10月1日以降の消費税増税後であっても、

9月30日までに購入をしていれば増税前の消費税8%が適用となりますので、

10月1日以降の搭乗分は9月30日までに購入しておいた方がお得ということになります!!

 

東京(羽田)発着の主要路線の運賃比較表(消費税増税前と後)

以下の表は、ANA・JALの東京(羽田)発着の主要路線の消費税増税前と後の運賃比較表です。

ANA 増税前の通常運賃   増税後の通常運賃 お得額
東京(羽田) ⇔ 札幌(新千歳) 36,200円 36,900円 700円
東京(羽田) ⇔ 福岡 39,200円 39,900円 700円
東京(羽田) ⇔ 沖縄(那覇) 43,300円 44,100円 800円

 

JAL 増税前の通常運賃   増税後の通常運賃 お得額
東京(羽田) ⇔ 札幌(新千歳) 37,500円 38,200円 700円
東京(羽田) ⇔ 福岡 41,100円 41,900円 800円
東京(羽田) ⇔ 沖縄(那覇) 45,800円 46,600円 800円

※ANAは「ANA FLEXD」通常期大人片道運賃、JALは通常期「大人普通運賃」です。

※空港施設使用料を除いた金額です。

 

ご覧頂ければ一目瞭然ですが、

消費税が増税されると片道あたり千円近く値上がりとなります。

運賃種別・路線によって値上がり額は異なりますが、

10月以降の搭乗分は9月中に購入しておいた方がお得です。

※お得額も往復すると上記金額の2倍お得になります。

帰省や団体旅行など人数が複数人でのご予約であれば×人数分お得になります。

 

現在、すでにANAやJALなどの通常運賃はほぼ1年後まで、

大黒屋トラベルがおススメしております株主優待割引運賃(便の日時が変更可能)

2020年3月末まで予約受付を致しております。

 

秋のご旅行はもちろん、冬休みや年末年始の帰省など、

行先と日程が大体決まっているなら今月中に航空券を購入して頂くことをおススメ致します。

 

株主優待割引運賃(便の日時が変更可能)について

株主優待割引航空券は誰でも利用でき、

日時変更が可能・マイルも貯まる・直前まで予約可能と何かと使い勝手が良く、

なおかつお得な航空券になっています。

 

大黒屋トラベルでは、株主優待券のみの郵送販売についても同じく値下げしております。

1枚から購入可能ですが特に10枚、20枚、さらには50枚以上の購入がお安くなっております。

是非ご利用をご検討下さい。

 

国内航空券のご注文は https://air.e-daikoku.com

JAL・ANAの株主優待券郵送販売は http://travel.e-daikoku.com/sf_sell.php

 

大黒屋トラベルは全国200店舗展開のチケット大黒屋の国内航空券WEB専門店となります。

そのため、株主優待券の相場についても全国的なものを把握しております。

たくさんのご利用をお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    コメントを残す

    *