国内格安航空券の注意点について教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内格安航空券を購入する際の注意点はいくつかあります。オプションを付けないと日程変更ができない、シーズンにより航空券価格の変動が激しい、乗り遅れると払い戻しがないなどは、格安航空券の特徴でもあります。ここでは国内格安航空券を購入するときに注意したいポイントを4つご紹介します。格安航空券の良さを存分に活かした使い方の参考になさってくださいね。

注意ポイント①オプションを付けておかないと日程の変更ができない

国内格安航空券は、団体用として販売されている航空券をバラ売りしたものをいいます。

そのため急に予定が入って日付を変更しようとしても、払い戻しをしてもらうことができません。

LCCのジェットスター、ピーチ・アビエーションは、航空券の種類によりプラス料金のオプションを付属させれば、日程の変更を自由に行うことができます。

少しでも日程変更の可能性がある場合は若干高くなりますが、オプションを付けておくと安心ですね。

バニラエアは変更手数料がかかりますが、出発時刻の90分前まで日程変更が可能です。

 

注意ポイント②ハイシーズン、オフシーズンで価格の変動幅が大きい

国内格安航空券は使用する運航便の日程がハイシーズンかオフシーズンにより大きく変動します。

例えばお盆やゴールデンウィークは多くの人が格安航空券を購入するので、価格が下がりにくくなります。

航空会社によっては正規の割引航空券よりも高くなる可能性もあるのです。

格安航空券だから絶対安いとは限らないので、航空券比較サイトで価格のリサーチをしてから購入するのがおすすめです。

大黒屋トラベルでは、航空会社13社の中から最安値をスムーズに検索可能です!

 

注意ポイント③国内格安航空券利用時は時間厳守!

国内格安航空券は徹底したコスト削減により、正規航空券にはできない価格設定が実現できています。

例えば駐機時間の短縮がその一つ。着陸から離陸までをできる限りスムーズに行うことで、航空施設料を抑えることができるのです。

そのため搭乗締め切り時間にはとてもシビアで、少しも時間に遅れた場合は乗り遅れになってしまい、航空券の払い戻しも一切ありません。

空港のチェックインカウンターでなく、オンラインチェックインを事前に行っている場合も同様なので注意が必要です。

せっかく航空券比較サイトなどで格安航空券を手に入れても、乗り遅れてしまったら航空券を買い直ししなければなりません。くれぐれも余裕を持って空港に到着しましょう。

 

注意ポイント④手荷物の重量制限が厳しい

国内格安航空券を扱うLCCでは駐機時間の短縮などの徹底したコスト削減により、その価格が実現されていますが、手荷物の重量制限についてもかなり厳しく制限があります。

LCC各社により重量制限の基準は異なりますが、機内持ち込み規定サイズの重量をわずか1センチ、1グラム超えてしまったために数千円の手荷物受託オプション手数料を請求されたというケースも珍しくありません。

旅先でお土産をたくさん買う必要がある、事前に手荷物重量がオーバーするとわかっている場合は事前にオンライン予約で受託手荷物を申し込んでおくのが一番お得です。

 

国内格安航空券の注意点を押さえて上手に利用しよう!

国内格安航空券は正規航空券にはない注意点がいくつかあります。

急に予定が入ったときの日程変更はオプションを付属する必要がある、ハイシーズン、オフシーズンの価格変動幅が極端に大きい、乗り遅れの際の救済措置がない、手荷物持ち込み時の重量サイズ制限が厳しいなどが挙げられます。

格安航空券ならではのリスクもあるということを念頭に、国内格安航空券を上手に利用していきましょう。

 

上手に利用したい⇒大黒屋トラベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    コメントを残す

    *