おすすめされる格安航空券の検索サイトを利用するときに注意したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく飛行機に乗るなら安く乗りたいものです。近年では格安航空券の検索サイトも増え、気軽に利用できるようになりました。しかし、注意しなければならないこともたくさんありますのでしっかりと把握しておきましょう。

注意!検索サイトによって取り扱っている航空会社の数が違うんです

格安航空券を一括で検索し比較できるサイトがあります。

より安く希望する日時の航空便を予約したい場合には、航空会社の便を比較できる航空券予約サイトが便利です。

出発地と到着地、搭乗日を指定すれば、フライトの予定にあわせて一括で検索し、いくつもの航空券を比較できます。

 

各サイトによってそれぞれ取り扱う航空会社の数も違うため、多くの航空会社を扱うサイトを利用すると比較検討した上で航空券を手に入れることができます。

大黒屋トラベルではなんと!13社もの航空会社の取り扱いがあります。検索画面も見やすくわかりやすく表示しております。

 

 

LCC航空券の基本と注意点

LCCの格安航空券によるフライトは料金を安くするためにサービスをできる限りカットしていることが一般的です。

そのため、大手の航空会社があたり前に行うサービスは別料金になる場合がほとんどです。

食事や受託手荷物、毛布などがあげられます。

チェックインカウンターも空港内の隅の方に設置されており、大手航空会社に比べて座席も狭くなっています。

また、LCCでは少ない飛行機を多く稼動させているため、一度スケジュールが遅れると後の便がドミノ式に遅れてゆき、空港使用時間を過ぎたことによりフライトキャンセルという場合もあります。

 

注意!荷物の大きさで別途料金がかかることもある

荷物を預ける際にも、別途料金が必要となることがあります。

これはLCCに限らず、大手航空会社に関しても同様です。

機内への持ち込みについては、10kg(高さ+幅+奥行き=115cm以内)まで、カウンターで預ける荷物は20kg(高さ+幅+奥行き=203cm以内)までにおさめなければ料金が発生するという航空会社があります。

LCCの場合は通常よりも小さい飛行機を利用している場合があるため、機内持ち込み可能な重さやサイズが小さめに設定されています。

 

飛行機を利用する際は、荷物に関する料金は往復でかかることになるので国内旅行では宅配便をうまく利用してコストを抑える方もいます。

このようにサイトで表示される価格以外にも料金が必要ということを頭に入れて、安易に格安チケットを選ばないようにしましょう。

 

 

注意!チケットの受け取り方法を確認する

インターネットの格安航空券は、サイト上で決済した後に予約番号が記載されたメールが届くパターンがほとんどです。

チケットの受け取りは、当日各航空会社のカウンターやチェックイン機で行います。

メールに記載されている予約番号を伝えるだけの簡単手続きで完了します。

もし当日チケットが受け取れなかったらどうしようと不安になるなら、事前に各航空会社に予約番号を伝えて確認してみましょう。

なお、搭乗手続きは通常出発20から30分前が一般的です。(航空会社により異なるので事前確認することをおすすめします)電車のように出発時間ギリギリに行けば良いと思っていると、当日飛行機に乗れないということもあるので初心者の方は十分注意しましょう。

 

 

格安航空券のデメリットも把握したうえで予約することが大切!

ただ安いからという理由で安易に格安航空券を購入することは控えましょう。

各航空会社の特徴と基本料金に含まれている内容をしっかりと把握し、納得した上で購入することをおすすめします。

 

大黒屋トラベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    コメントを残す

    *