格安航空券はなぜ安いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に格安航空券というと、大手の航空会社やLCCで販売する格安のチケットを指します。この記事では、特に近年人気があるLCCに関して、なぜ航空券が安いのかについて

その安さの裏側を調べてみました。

コストを削減して低価格を実現

LCCは格安にするために徹底的にコストやサービスを絞っています。

例えば、

・空席が出ないように中型機を採用する

・軽くて燃料費の節約できる新機材を用いる

・座席を狭くすることで搭乗客の数を増加

・食事やドリンクは別料金

・キャンセル料がかかる場合がある

・受託手荷物は別料金になる場合がある

など徹底的な経費削減を図ることによって、LCCは航空券を格安で提供しています。

 

 

人件費について

コスト削減の例として一番にあげられるのは人件費です。大手航空会社は、カスタマーサービスや各種窓口があります。一方でLCCは、実店舗を設けずにオンラインが基本です。

また機内清掃などは、客室乗務員が行うことで清掃スタッフの人件費を抑えている会社もあります。このように、大手に比べて可能な限りカットすることで人件費を抑えています。

 

 

稼働率を高める

LCCが航空券を安くできる理由は、1機で多くのフライトを行い、沢山の飛行機を抱える経費をカットしていることも理由の一つです。

さらに飛行場での駐機時間を出来る限り短くして、駐機費用の削減も図っていることもLCCの低料金に繋がっていると言えるでしょう。

そのため、利用する際は遅刻には注意してください。大手航空会社は、多少乗客が遅刻しても許されることがありますが、LCCの場合は待ってくれないことがあります。

出発時間が遅れることで、ドミノ式に後の運行が遅れてしまうこと、また駐機時間延長による延滞料金がかかるためです。

遅刻により、乗るはずの飛行機が離陸してしまったということがないように、利用者のマナーとして注意しておきましょう。

 

 

機内サービスは有料

大手航空会社は、飲み物などの機内サービスは基本的に無料です。

しかしLCCの場合はほとんどが有料となっています。

機内で購入できる飲み物はソフトドリンクからアルコールまでありますが、地上で購入するよりも割高で設定されています。(大手航空会社も、国内線はアルコールは別料金です)。

国内とはいえ、一定時間のフライトとなりますから心配な方は事前に購入してから搭乗しましょう。

 

 

企業努力で格安を消費者に提供

なぜLCCが格安で航空券を販売できているか、その謎がお分かりいただけましたでしょうか。

安いことが魅力となる一方で、

 

・人件費を抑えるため購入はネットが主

・飲食物や受託手荷物は有料

・便の変更は出来ずフライト中止時も補償がない場合がある

 

といったデメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

そして、フライト当日は航空会社のメールチェックは必ずするようにしてください。空港では搭乗口の変更や出発時間の変更などが頻繁におこります。当日確認ミスにより搭乗できなかったというトラブルにならないためにも意識しておきましょう。

 

不明なことがある際は、申し込み前に問い合わせるなどして解決しておくことで快適な旅が実現します。

 

またLCC以外にも、大手航空会社でも格安で航空券を購入していただけます。搭乗希望日を入力するだけで、全13社の各時間のチケット金額が一覧でわかるのでとても便利です。お支払い方法や複数枚の申し込みでよりお得に航空券を手に入れることが可能です。ぜひ一度当社のサイトで各社のチケットを比較してください。

比較したくなったら⇒大黒屋トラベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    コメントを残す

    *