国内航空券の値段が変動する理由を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安の国内航空券を購入するとき、値段に変動がみられることを知っていますか。

しかし、その理由についてはあまり知られていません。ぜひ購入の際には参考にしてください。

同じ日でも時間によって価格が変動

航空券は搭乗する時間によって料金に差があります。時間によって大幅な差が出るので、旅行の費用を少しでも安く抑えるためにも確認しておくとよいでしょう。

 

飛行機の航空券の料金は同じ日で大幅な差が出ます。

人と待ち合わせしている、仕事で利用するなど時間が限られているといった場合は仕方ありませんが、特に時間が限られていなくて何時に到着してもよいというなら、安い時間を選ぶのがおすすめです。

 

航空券が高くなる条件は基本的に全ての航空会社でも共通となります。

利用者が集結している便ほど高くなり、利用者が少ない時間ほど安くなります。

 

お盆や年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、この時期は通常の料金より高くなることがほとんどです。

旅行費を抑えるためにも航空券全体の料金をよく確認して選びましょう。

 

 

日ごとに値段変動する理由とは

航空券の変動する価格に着目してみましょう。

同じルートの便の航空券であっても、その価格は日々変動しています。なぜこのような変動が起こるのでしょうか。

航空会社としては、航空券の値段を一律にして、空席ばかりの目立つ便を運航するよりは、航空券を安く買いやすくすることで搭乗客を増加させようとします。そのため、旅行客などの少ない閑散期における航空券の値段は、同ルートでも非常に安くなります。

 

つまりできるだけ航空券を安く抑えたいと考えるなら、旅行シーズンの落ちついた閑散期が狙い目です。

時季や航空券の値段の変動をこまめにチェックし、お得で快適な空の旅を楽しみましょう。

 

 

最近では航空券の値段を決めているのは専用ソフトが決定

航空券の値段の決定は、近年では、航空券の値段設定がデジタル化されていることをご存知ですか。

航空券の値段は日々変動していますが、収益を最適化する変動ソフトが行っているのです。

変動ソフトは、過去の航空券販売の膨大なデータに基づき、さまざまな予測を行います。

そのため、人間の行う値段調節より、さらに収益を引き出す値段調節を可能にしているのです。

 

変動ソフトでは、過去のデータがデジタルに管理され、分析されます。

そして、その分析結果から、航空券を高価格で購入する乗客の需要予測を行い、そこに為替レートなども踏まえて、自動的に航空便の値段を設定していきます。

 

このように、変動ソフトでは、人間が行うには難しい高いレベルの予測によって、航空券の値段調節が行われています。

変動ソフトによって航空券の値段が日々設定され、変動している。

この事実に基づき、「この値段はどのような予測から設定されているのか」考えてみるのも面白いかもしれません。

 

 

格安航空券が変動するからくりを知ると面白い!

国内の格安航空券はしっかりと計算に基づいた料金設定がされています。

それをもとに、予約の際は最も安い価格で購入できるよう、当記事を参考に分析してみてはいかがでしょうか。

一番最適なのは、航空券比較サイトで最安値チケットを探すことです。希望日と目的地を設定するだけで、運行時間別の各社の料金が一目瞭然です。

全ての航空会社のサイトにアクセスして調べるのは手間と時間がかかります。ぜひ一度お試しください。

お試しはこちらから⇒大黒屋トラベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    コメントを残す

    *